男女

飲食店の売上をアップする方法|常連客を増やすコツとは

業務効率向上の立役者

レジスター

システムの仕組みと役割

スーパーやコンビニのレジで導入されているPOSシステム。一言で言えば、POSは販売情報の管理システムです。販売情報を記録してマーケティングに活用できます。業務効率に大きな好影響を及ぼすPOSシステム。大きく3つの役割に分かれています。1つ目が商品の一元管理です。お店やネットショップ等、複数店舗を運営している場合、在庫管理が難しいです。これを本部が都度把握できる様になります。集計や在庫管理を把握でき、店舗運営する上でコスト削減が期待値できます。2つ目が、購入機会ロスを未然に防ぐ事です。上記同様に複数店舗を運営していると、売れ筋商品を各店舗把握出来なくて、客が求める商品を補充できない事が多くあります。POSシステムで本部が売れ行きを把握する事で、品切を防ぎ、売り上げ向上を狙う事ができます。3つ目に、会計処理の向上です。バーコードを読み取り会計する仕組みの事です。これによりスムーズに対応ができます。また、手入力によるミスを削減できます。POSシステムは以上の事から、業務効率に大きな好影響を及ぼしています。最近では多くの情報をスタッフ同士で共有できる様に、タブレットを利用している会社も増えています。POSシステムをモバイル化して手軽に持ち運び、無線通信で決済もできる魅力があります。サービス業や販売業では顧客情報を参照する機会も多くあります。接客業務の改善や、売り上げの向上を狙える魅力があります。